レアルに連敗のバルサ、スアレスが右ひざ負傷…リーガ開幕に暗雲

レアルに連敗のバルサ、スアレスが右ひざ負傷…リーガ開幕に暗雲

レアルとのセカンドレグで右ひざを負傷したスアレス [写真]=Power Sport Images/Getty Images

 バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、16日に行われたスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)のセカンドレグ、レアル・マドリード戦で右ひざを負傷した。スペイン紙『マルカ』が16日に報じている。

 先発メンバーに名を連ねたスアレスは、75分過ぎに負傷。一時はプレー続行を決めたため、エルネスト・バルベルデ監督は交代枠を使い切った。しかし、スアレスは終盤の残り5分間、ほとんどプレーができない状態となっていた。

 報道によると、スアレスは右ひざを痛めており、17日に検査を受ける予定となっている。バルセロナは20日にリーガ・エスパニョーラ開幕戦でベティスをホームに迎えるが、スアレスの出場可否は現時点では不明のようだ。

 レアル・マドリードとのスーペルコパ・デ・エスパーニャでは、ファーストレグを1−3、セカンドレグを0−2と連敗を喫し、タイトルを逃した。さらにスアレスが離脱となれば、リーガ・エスパニョーラ開幕を前に大きな痛手となる。

関連記事(外部サイト)