日本代表予備登録100名、年齢別に並び替えると…最年長&最年少は?

日本代表予備登録100名、年齢別に並び替えると…最年長&最年少は?

イラク戦の日本代表スターティングメンバー [写真]=Getty Images

 先日アジアサッカー連盟(AFC)から公表された日本代表のワールドカップ・アジア最終予選予備登録選手。今年3月時点の97名から今回は100名へと増加した。

 海外で活躍する選手からJリーグでもそれほど出場機会がない期待の若手など、様々な選手が名を連ねた今回のリスト。年齢別に並び替えて紹介してみたい。

中村憲剛(1980/10/31、36歳)
大久保嘉人(1982/06/09、35歳)
今野泰幸(1983/01/25、34歳)
川島永嗣(1983/03/20、34歳)
長谷部誠(1984/01/18、33歳)
柴ア晃誠(1984/08/28、32歳)
大谷秀和(1984/11/06、32歳)
豊田陽平(1985/04/11、32歳)
水本裕貴(1985/09/12、31歳)
丹羽大輝(1986/01/16、31歳)
瀬戸貴幸(1986/02/05、31歳)
青山敏弘(1986/02/22、31歳)
岡崎慎司(1986/04/16、31歳)
東口順昭(1986/05/12、31歳)
細貝萌(1986/06/10、31歳)
本田圭佑(1986/06/13、31歳)
西川周作(1986/06/18、31歳)
武岡優斗(1986/06/24、31歳)
興梠慎三(1986/07/31、31歳)
萩洋次郎(1986/08/02、31歳)
長友佑都(1986/09/12、30歳)
六反勇治(1987/04/10、30歳)
林彰洋(1987/05/07、30歳)
槙野智章(1987/05/11、30歳)
ハーフナー・マイク(1987/05/20、30歳)
森重真人(1987/05/21、30歳)
藤田直之(1987/06/22、30歳)
田中順也(1987/07/15、30歳)
太田宏介(1987/07/23、30歳)
小林悠(1987/09/23、29歳)
高橋秀人(1987/10/17、29歳)
柏木陽介(1987/12/15、29歳)
宇賀神友弥(1988/03/23、29歳)
内田篤人(1988/03/27、29歳)
遠藤康(1988/04/07、29歳)
米倉恒貴(1988/05/17、29歳)
乾貴士(1988/06/02、29歳)
永木亮太(1988/06/04、29歳)
吉田麻也(1988/08/24、28歳)
長沢駿(1988/08/25、28歳)
武藤雄樹(1988/11/07、28歳)
倉田秋(1988/11/26、28歳)
藤春廣輝(1988/11/28、28歳)
塩谷司(1988/12/05、28歳)
山田大記(1988/12/27、28歳)
金崎夢生(1989/02/16、28歳)
権田修一(1989/03/03、28歳)
永井謙佑(1989/03/05、28歳)
香川真司(1989/03/17、28歳)
加藤恒平(1989/06/14、28歳)
丸山祐市(1989/06/16、28歳)
川又堅碁(1989/10/14、27歳)
清武弘嗣(1989/11/12、27歳)
柿谷曜一朗(1990/01/03、27歳)
鈴木大輔(1990/01/29、27歳)
齋藤学(1990/04/04、27歳)
酒井宏樹(1990/04/12、27歳)
大迫勇也(1990/05/18、27歳)
山口蛍(1990/10/06、26歳)
米本拓司(1990/12/03、26歳)
指宿洋史(1991/02/27、26歳)
酒井高徳(1991/03/14、26歳)
森岡亮太(1991/04/12、26歳)
原口元気(1991/05/09、26歳)
高木俊幸(1991/05/25、26歳)
谷口彰悟(1991/07/15、26歳)
長澤和輝(1991/12/16、25歳)
車屋紳太郎(1992/04/05、25歳)
小林祐希(1992/04/24、25歳)
大森晃太郎(1992/04/28、25歳)
宇佐美貴史(1992/05/06、25歳)
柴崎岳(1992/05/28、25歳)
江坂任(1992/05/31、25歳)
武藤嘉紀(1992/07/15、25歳)
杉本健勇(1992/11/18、24歳)
大武峻(1992/11/24、24歳)
昌子源(1992/12/11、24歳)
宮市亮(1992/12/14、24歳)
大島僚太(1993/01/23、24歳)
櫛引政敏(1993/01/29、24歳)
遠藤航(1993/02/09、24歳)
松原健(1993/02/16、24歳)
山中亮輔(1993/04/20、24歳)
橋本拳人(1993/08/16、23歳)
久保裕也(1993/12/24、23歳)
鈴木武蔵(1994/02/11、23歳)
室屋成(1994/04/05、23歳)
川口尚紀(1994/05/24、23歳)
岩波拓也(1994/06/18、23歳)
喜田拓也(1994/08/23、22歳)
中島翔哉(1994/08/23、22歳)
植田直通(1994/10/24、22歳)
浅野拓磨(1994/11/10、22歳)
南野拓実(1995/01/16、22歳)
中村航輔(1995/02/27、22歳)
三浦弦太(1995/03/01、22歳)
関根貴大(1995/04/19、22歳)
鈴木優磨(1996/04/26、21歳)
井手口陽介(1996/08/23、20歳)
小川諒也(1996/11/24、20歳)

 最年長は36歳の中村。最年少の20歳は井手口と小川の2人となった。

 井手口は代表に定着しているためすでにある程度知られているが、小川はFC東京所属の選手。左足のキックが持ち味の攻撃的なサイドバックだ。今季の明治安田生命J1リーグで出場1試合の彼が入っているあたり(※FC東京U−23として明治安田生命J3リーグに14試合出場)、左サイドバックは新戦力が出てきてほしいとヴァイッド・ハリルホジッチ監督が願っているポジションの一つなのかもしれない。

(記事提供:Qoly)

関連記事(外部サイト)