マンC、元マンUのエヴァンスに再びオファー提示か…移籍金は約35億円

マンC、元マンUのエヴァンスに再びオファー提示か…移籍金は約35億円

マンC再びオファーを提示したエヴァンス [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cは、ウェスト・ブロムウィッチに所属する北アイルランド代表DFジョニー・エヴァンス獲得を諦めていないようだ。17日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 マンチェスター・Cは先日、エヴァンス獲得のために移籍金1800万ポンド(約25億円)でのオファーを提示した。しかし、ウェスト・ブロムウィッチ側にエヴァンス売却の意思がないことが理由でオファーを却下されていた。

 今回の報道によると、マンチェスター・Cはエヴァンスの獲得をまだ諦めておらず、移籍金を2500万ポンド(約35億円)に増額したオファーを再提示する模様だという。

 エヴァンスは12日に行われたプレミアリーグ開幕戦のボーンマス戦をハムストリングの負傷の影響から欠場していた。エヴァンスは負傷の影響でコンディションが万全でないため、19日に行われるプレミアリーグ第2節のバーンリー戦も欠場する見込みとなっている。

 また、ウェスト・ブロムウィッチはエヴァンスがチームを離れる場合に備えて、トッテナムに所属するオーストリア代表DFケヴィン・ヴィマーの獲得を狙っていると見られている。

関連記事(外部サイト)