本田圭佑、テロ事件受けスペイン語で哀悼の意「バルセロナのために祈る」

【バルセロナのテロ事件】本田圭佑、メッシ、ネイマールがSNSで哀悼の意を表明

記事まとめ

  • パチューカ所属の日本代表・本田圭佑がバルセロナでの事件を受け哀悼の意を表明した
  • 本田はスペイン語で「私の心はバルセロナの全ての人々とともに」とメッセージを送った
  • バルセロナのFWリオネル・メッシやパリSGに移籍したネイマールも哀悼の意を表明した

本田圭佑、テロ事件受けスペイン語で哀悼の意「バルセロナのために祈る」

本田圭佑、テロ事件受けスペイン語で哀悼の意「バルセロナのために祈る」

自身のツイッターでメッセージを送った本田 [写真]=Getty Images

 スペインのバルセロナ市内で17日、歩行者専用エリアに車両が突入し、少なくとも60人以上の死傷者を出す事件が発生したことを受け、パチューカに所属する日本代表MF本田圭佑が自身のツイッターでメッセージを送った。

 事件はバルセロナ市のメインストリートで観光客が多く集まるランブラス通りで発生。少なくとも13名が亡くなり、50名以上が負傷しているようだ。地元警察はテロ事件として捜査しており、攻撃に関与したとされる男性を逮捕したという。運転手は車を捨てて逃亡したと報じられている。

 サッカー界からも続々と哀悼のメッセージが送られ、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、今夏バルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマールも自身のSNSで哀悼の意を表明。

 今夏パチューカに加入した本田も、自身のツイッターでメッセージを投稿し、スペイン語で思いを伝えている。

「バルセロナのために祈る。私の心はバルセロナの全ての人々とともに、特に被害に遭われた家族の方々とともにある」

「このような事件が二度と起こらないことを祈っています」

 バルセロナは20日に行われるリーガ・エスパニョーラ開幕戦のベティス戦で、両チームが喪章を着用してプレーすることを発表。また、開幕戦ではリーガ・エスパニョーラの全クラブが試合前に黙とうを捧げることも決定している。

関連記事(外部サイト)