インテル、マンCのマンガラに注目…ムリージョ退団でDF補強が急務

インテル、マンCのマンガラに注目…ムリージョ退団でDF補強が急務

インテルが獲得を目指しているとされるマンガラ [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、マンチェスター・Cのフランス代表DFエリアカン・マンガラに狙いを定めているようだ。イギリス紙『デイリーミラー』が18日付で伝えている。

 インテルは18日にコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョのバレンシア移籍が決定。センターバックの層が手薄となっており、補強が必要な状況だ。

 そんな中、同紙はインテルがマンガラのレンタル移籍での獲得を画策していると報道。昨シーズンはバレンシアにレンタル移籍で放出されるなど、マンチェスター・Cで確固たる地位を築けていない同選手に、インテルが目を付けた様子だ。

 マンチェスター・Cは現在ウェスト・ブロムウィッチの北アイルランド代表DFジョニー・エヴァンス獲得を目指している。移籍金2500万ポンド(約35億円)でのオファーを提示しており、これが成立した場合、インテルはマンチェスター・Cにマンガラ獲得を打診するという。

 インテルはバレンシアからポルトガル代表DFジョアン・カンセロの獲得が濃厚となっており、この夏は守備陣の入れ替わりが激しくなるかもしれない。なお、インテルはアーセナルのドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィについても関心を示していたようだが、こちらはアーセナルに売却の意思がなく具現化しなかったようだ。

関連記事(外部サイト)