仙台、終盤の2得点で大逆転勝利! 新潟は前半のスーパーゴールを守りきれず

仙台、終盤の2得点で大逆転勝利! 新潟は前半のスーパーゴールを守りきれず

仙台が逆転勝利で新潟下す [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 2017明治安田生命J1リーグ第23節が19日に行われ、アルビレックス新潟とベガルタ仙台が対戦した。

 試合を動かしたのは最下位に沈む新潟。23分に左サイドの加藤大からクロスが上がると、中央でフリーになったドウグラス・タンキの下に。タンキが豪快なジャンピングボレーで合わせると、ボールはゴール左下に向かう。ライン上でDFが頭で必死にクリアしたが、ボールはポストに当たってわずかにラインを越えた。微妙な判定に仙台イレブンは抗議するが判定は覆らず。新潟がリードで前半を終えた。

 追いつきたい仙台は82分、途中出場のクリスランが左サイドからクロスを供給。これはGKに弾かれたがこぼれ球を石原直樹が押し込み、待望の同点弾を決めた。 

 さらに4分後、右サイドでのパス交換から中央の三田啓貴が左足でミドルシュート。これが相手DFの足に当たってコースが変わり、GKの逆をついてゴール。仙台が終盤に鮮やかな逆転劇を見せた。

 試合はそのまま終了。大逆転で仙台が勝ち点3を手にした。

 次節、アルビレックス新潟は26日、アウェイで柏レイソルと、ベガルタ仙台はアウェイでコンサドーレ札幌と対戦する。

【スコア】
アルビレックス新潟 1−2 ベガルタ仙台

【得点者】
1−0 23分 ドウグラス・タンキ(アルビレックス新潟)
1−1 82分 石原直樹(ベガルタ仙台)
1−2 86分 三田啓貴(ベガルタ仙台)

関連記事(外部サイト)