武藤嘉紀、フル出場もゴール奪えず…マインツはハノーファーに敗れ開幕黒星

武藤嘉紀、フル出場もゴール奪えず…マインツはハノーファーに敗れ開幕黒星

フル出場した武藤嘉紀だが、ノーゴールに終わった [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第1節が19日に行われ、FW武藤嘉紀所属のマインツとハノーファーが対戦した。

 いよいよ開幕を迎えたブンデスリーガ。12日に行われたDFBポカール1回戦のリューネブルガーSK戦で2ゴールを挙げた武藤は、ワントップの位置でスタメンに名を連ねた。

 マインツは18分、敵陣でボールを奪った武藤が一気にペナルティエリア内まで持ち込み決定機を迎える。しかし、中央へのラストパスはDFに阻まれてしまい、大きなチャンスを逃してしまった。前半はスコアレスのまま折り返す。

 試合が動いたのは73分。左サイドへパスを通したマルティン・ハルニクがゴール前へ走り込み、クロスボールに右足ダイレクトで合わせる。これが決まり、ハノーファーが先制に成功した。

 その後は追い付きたいマインツが敵陣に押し込んだがゴールを割ることはできず、試合はこのまま1−0でタイムアップを迎えた。なお、武藤はフル出場している。

 次節、マインツは26日にアウェイで日本代表FW浅野拓磨所属のシュトゥットガルトと、ハノーファーは27日にホームでDF内田篤人所属のシャルケと対戦する。

【スコア】
マインツ 0−1 ハノーファー

【得点者】
0−1 73分 マルティン・ハルニク(ハノーファー)

関連記事(外部サイト)