アトレティコ、昇格組ジローナに苦戦…グリーズマン退場も終盤の猛攻実りドロー

アトレティコ、昇格組ジローナに苦戦…グリーズマン退場も終盤の猛攻実りドロー

アトレティコの開幕戦はドローに終わった [写真]=Manuel Queimadelos Alonso/Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第1節が19日に行われ、ジローナとアトレティコ・マドリードが対戦した。

 22分、アレックス・グラネルのクロスにクリスティアン・ストゥアーニが頭で合わせ、ホームのジローナが先制する。続く25分にはセットプレーから再びストゥアーニが決めて、ジローナがリードを広げた。

 後半に入り67分、反撃に出たいアトレティコだったがアントワーヌ・グリーズマンが2枚目の警告を受け、退場処分となってしまう。しかし、78分にアンヘル・コレアがミドルシュートを突き刺すと、85分にはコケのFKにホセ・ヒメネスが頭で決めて同点とする。

 試合は2−2で終了。昇格組のジローナを相手に苦戦したアトレティコだったが、終盤の反撃が実り勝ち点1を獲得した。

 次節、アトレティコはアウェイでラス・パルマスと、ジローナはホームでマラガと対戦する。

【スコア】
ジローナ 2−2 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1−0 22分 クリスティアン・ストゥアーニ(ジローナ)
2−0 25分 クリスティアン・ストゥアーニ(ジローナ)
2−1 78分 アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリード)
2−2 85分 ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリード)

関連記事(外部サイト)