“聖地開幕戦”を制したのはチェルシー! M・アロンソの2得点でトッテナムを撃破

“聖地開幕戦”を制したのはチェルシー! M・アロンソの2得点でトッテナムを撃破

M・アロンソの活躍でチェルシーが競り勝った [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第2節が20日に行われ、トッテナムとチェルシーが対戦した。

 昨シーズンの2位と1位が早くも“サッカーの聖地”ウェンブリー・スタジアムで激突する。連勝を狙うトッテナムは、前節からスタメンを2名変更。右ウイングバックに負傷明けのキーラン・トリッピアー、ボランチの位置にはヴィクター・ワニアマを起用した。開幕黒星発進となったチェルシーは、新加入のアルバロ・モラタとティエムエ・バカヨコが移籍後初スタメン。ダヴィド・ルイスが中盤に入り、3バックは右からセサル・アスピリクエタ、アンドレアス・クリステンセン、アントニオ・リュディガーという並びとなった。
 
 23分、ダヴィド・ルイスがエリア手前で倒され、セットプレーのチャンスを得る。マルコス・アロンソが左足でゴール右隅にFKを突き刺し、アウェイのチェルシーが先制した。

 追いかけるトッテナムは41分、カウンターからデレ・アリが持ち込むと、ハリー・ケインが右足を振り抜く。しかし、このシュートは右のポストを叩いた。前半はチェルシーの1点リードで折り返す。

 後半に入りトッテナムがボールを保持する時間が長くなり、チェルシーは防戦一方の展開に。72分、チェルシーは中央でボールを受けたウィリアンがシュートを放つが、惜しくも左ポストに嫌われた。

 すると82分、クリスティアン・エリクセンのFKが途中出場ミシー・バチュアイのOGを誘い、トッテナムが同点に追いつく。

 追いつかれたチェルシーは88分、中盤でダヴィド・ルイスがインターセプトに成功すると、途中出場のペドロに展開。ペドロのパスを受けたマルコス・アロンソがを思い切り良く左足を振り抜き、再びトッテナムを突き放す。

 試合は1−2で終了。マルコス・アロンソが2得点を挙げる活躍で、前年度王者のチェルシーが今シーズン初勝利を収めた。

 次節、トッテナムはバーンリー、チェルシーはエヴァートンと、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
トッテナム 1−2 チェルシー

【得点者】
0−1 24分 マルコス・アロンソ(チェルシー)
1−1 82分 OG(トッテナム)
1−2 88分 マルコス・アロンソ(チェルシー)

関連記事(外部サイト)