王者レアル、3発快勝で連覇へ白星発進…守護神のPKセーブで完封も主将が退場

王者レアル、3発快勝で連覇へ白星発進…守護神のPKセーブで完封も主将が退場

レアルが3発快勝でリーガ白星スタートを飾った [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第1節が20日に行われ、デポルティーボとレアル・マドリードが対戦した。

 今シーズンはすでにUEFAスーパーカップとスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)のタイトルを獲得しているレアル。連覇を目指すリーガは、昨シーズン16位のデポルティーボとのアウェイ戦で開幕を迎えた。エースのクリスティアーノ・ロナウドは5試合の出場停止処分により欠場。カリム・ベンゼマ、ギャレス・ベイル、イスコ、ルカ・モドリッチらが先発出場した。

 試合は20分にレアルの先制で動く。モドリッチがペナルティエリア手前中央から強烈なミドルシュートを放つが、相手GKにセーブされる。こぼれ球に反応したベンゼマはDFをかわそうとするが、タッチが大きくなると、そのボールをゴール前のベイルが押し込んで、先制点を挙げた。

 さらに27分、エリア内左でキープしたマルセロが鋭いグランダーのクロスを供給。相手GKとDFの狭いスペースを抜けたボールを、ファーのカゼミーロが右足で合わせて追加点となった。

 2点リードで折り返したレアルは62分、エリア内左に進入したベイルの落としを、中央に走り込んだトニ・クロースがダイレクトで右足を振り抜くと、シュートは相手DFの足に当たってゴールネットを揺らした。

 3点差としたレアルは66分にイスコを下げてマルコ・アセンシオを、72分にカゼミーロを下げてマルコス・ジョレンテを投入。80分にはベイルに代えてルーカス・バスケスを送り出した。

 レアルは87分、ダニエル・カルバハルがエリア内で相手MFブルーノ・ガマを倒してしまい、PKを献上。キッカーのフロリン・アンドネはゴール左隅を狙ったが、これを読んでいたGKケイロル・ナバスが好セーブでピンチを凌いだ。

 後半アディショナル2分には主将のセルヒオ・ラモスが2枚目のイエローカードを受けて退場となるが、試合はこのままタイムアップ。レアルが3−0で快勝し、連覇に向けて白星スタートを切った。

 レアル・マドリードは次節、27日にホームでバレンシアと対戦。デポルティーボは26日にレバンテとのアウェイゲームに臨む。

【スコア】
デポルティーボ 0−3 レアル・マドリード

【得点者】
0−1 20分 ギャレス・ベイル(レアル)
0−2 27分 カゼミーロ(レアル)
0−3 62分 トニ・クロース(レアル)

関連記事(外部サイト)