ジダン監督、選手への信頼を明かす「このメンバーのままでいい」

ジダン監督、選手への信頼を明かす「このメンバーのままでいい」

ジダン監督が試合後にコメントを残した [写真]=fotopress/Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ開幕節が20日に行われ、レアル・マドリードはデポルティーボを3−0で下した。試合後、指揮を執るジネディーヌ・ジダン監督がコメントを残している。21日付のスペイン紙『マルカ』が伝えた。

 レアル・マドリードはウェールズ代表FWギャレス・ベイルが20分に先制点を挙げると、27分にはブラジル代表MFカゼミーロが得点する。その後も同クラブの攻勢は続き、62分にドイツ代表MFトニ・クロースが3点目を決めると、試合はそのまま終了し、レアル・マドリードが開幕白星を飾った。

 試合後、ジダン監督は「チームの出来に満足している。簡単な相手ではなかったが、勝利を掴むことができて嬉しい」と語り、結果に喜ぶ様子を見せた。

 また、同監督は「私はこのメンバーのままでいいと思っている。移籍市場の最終日まで何が起こるか分からないが、変更がないことを望むよ。我々にはチームの助けとなる選手が揃っている」とコメント。現所属メンバーへの厚い信頼を明らかにしている。

 レアル・マドリードは次節、27日にホームでバレンシアと対戦する。

関連記事(外部サイト)