王者バイエルン、ドルトが快勝…長谷部はフル出場、鎌田も先発/ブンデス第1節

王者バイエルン、ドルトが快勝…長谷部はフル出場、鎌田も先発/ブンデス第1節

2017−18シーズンのブンデスリーガが開幕した [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第1節が18日から20日にかけて行われた。

 金曜日開催となった開幕戦では、昨シーズン前人未到の5連覇を達成したバイエルンがホームで、昨シーズン12位のレヴァークーゼンと対戦。主将のGKマヌエル・ノイアー、DFジェローム・ボアテング、MFチアゴら主力選手と、新加入MFハメス・ロドリゲスも負傷のため欠場となったが、3−1で快勝を収めた。3点目のPKの際には、今シーズンから導入されたビデオ判定が早速活用された。

 ドルトムントはアウェイでヴォルフスブルクと対戦。日本代表MF香川真司は86分から途中出場となった。MFクリスティアン・プリシッチ、DFマルク・バルトラ、そして昨シーズンのブンデスリーガ得点王であるFWピエール・エメリク・オーバメヤンの3得点で、3−0とし、幸先良いスタートを切っている。

 日本代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVは、MF宇佐美貴史所属のアウクスブルクと対戦したが、酒井はベンチ入りしたものの出番はなく、宇佐美はメンバー外となった。試合はハンブルガーSVが1−0で勝利し、勝ち点「3」を手にした。

 日本代表MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトは、アウェイでフライブルクと対戦しスコアレスドロー。3バックのセンターでスタメンに名を連ねた長谷部はフル出場、2トップの一角で先発出場となった鎌田は67分までプレーしている。

 ブンデスリーガ第1節の結果は以下のとおり。

■ブンデスリーガ第1節結果

バイエルン 3−1 レヴァークーゼン
ホッフェンハイム 1−0 ブレーメン
ハンブルガーSV 1−0 アウクスブルク
マインツ 0−1 ハノーファー
ヴォルフスブルク 0−3 ドルトムント
ヘルタ・ベルリン 2−0 シュトゥットガルト
シャルケ 2−0 ライプツィヒ
フライブルク 0−0 フランクフルト
ボルシアMG 1−0 ケルン

■ブンデスリーガ第1節順位

1位 ドルトムント(勝ち点3)
2位 バイエルン(勝ち点3)
3位 シャルケ(勝ち点3)
3位 ヘルタ(勝ち点3)
===========CL===========
5位 ボルシアMG(勝ち点3)
5位 ハンブルガーSV(勝ち点3)
5位 ハノーファー(勝ち点3)
5位 ホッフェンハイム(勝ち点3)
===========EL===========
9位 フランクフルト(勝ち点1)
9位 フライブルク(勝ち点1)
11位 ケルン(勝ち点0)
11位 マインツ(勝ち点0)
11位 アウクスブルク(勝ち点0)
11位 ブレーメン(勝ち点0)
15位 レヴァークーゼン(勝ち点0)
16位 ライプツィヒ(勝ち点0)
16位 シュトゥットガルト(勝ち点0)
===========降格==========
18位 ヴォルフスブルク(勝ち点0)

関連記事(外部サイト)