新加入コラロフ、技ありFK弾でローマ勝利に貢献「ずる賢かったね」

新加入コラロフ、技ありFK弾でローマ勝利に貢献「ずる賢かったね」

技ありFKを決めたコラロフ [写真]=Getty Images

 セリエAの開幕節が20日に行われ、ローマはアウェイでアタランタと対戦し、1−0と辛勝した。

 マンチェスター・Cから今夏に新加入したセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフが壁の下を通す技ありのFKで、決勝ゴールを決めた。

 コラロフは試合後にイタリアメディア『Sky』のインタビューに応え「アタランタは素晴らしいチームで、最高のサッカーをする。我々は十分に準備を行っていたが、とても苦しんだね。それでも、勝利を手繰り寄せることができた」と語った。

 また、FKについては「ずる賢かったね。左からのシュートは、たいていは壁の上を超えると思われているからね。壁に跳ね返されないように、カウンターを受けないことだけを考えていた」と得点の場面を振り返った。

 続けて「自分はこのリーグを熟知している。(エディン)ゼコや(ダニエレ)デ・ロッシがチームに馴染めるようにとても助けてくれた。(エウゼビオ・ディ・フランチェスコ)監督もまた自分に信頼を寄せてくれた。この信頼に報えるようにし続けるだけだ」とコメントした。

 ローマは次節、26日にホームで日本代表DF長友佑都が所属するインテルと対戦する。

関連記事(外部サイト)