マルキージオがユーヴェ退団か…? 幹部は完全否定「ただの噂」

マルキージオがユーヴェ退団か…? 幹部は完全否定「ただの噂」

将来の首相候補としてサポーターから絶大な人気を誇るマルキージオ [写真]=Getty Images

 ユヴェントスのジュゼッペ・マロッタ・ゼネラルマネージャー(GM)が、イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオの退団の噂を完全否定した。イタリア紙『トゥットスポルト』が21日に報じている。

 ユヴェントスの生え抜きで、将来の主将候補筆頭と目されるマルキージオ。これまでは、譲渡不可能な選手と見られていたが、移籍リストに名を連ねたと報じられ、退団の噂が持ち上がっている。

 その移籍先には、ユヴェントスの宿敵であり、今夏大型補強を図っているミランが浮上。すると、SNSでは同クラブのファンが悲鳴を上げ「あり得ない」などと、クラブの将来を心配する声が挙がったが、マロッタGMは「ただの憶測に過ぎない」と語り、すぐに沈静化を図っている。

 しかし、以前のように完全に譲渡不可能な選手ではなくなっているのは確かなようだ。元ユヴェントス指揮官のアントニオ・コンテ監督が指揮するチェルシーが、事態を見守っており、場合によっては正式にオファーを提示するのではないか、との見方も出ている。

 現在のところ具体的なオファーはユヴェントスに届いていない模様だが、引き続き状況を注視する必要があるようだ。

関連記事(外部サイト)