ユーヴェが再びシックに興味…しかし関係悪化で獲得は困難か

ユーヴェが再びシックに興味…しかし関係悪化で獲得は困難か

ユヴェントスが再びシックの獲得に興味を示しているようだ [写真]=Getty Images

 ユヴェントスがサンプドリアに所属するチェコ代表FWパトリック・シックに再び興味を示しているようだ。イタリア紙『Sky』が21日付で報じている。

 今夏、ユヴェントスへの移籍が一度合意しながらも、メディカルチェックで心臓に問題があることが発覚し、契約が破談となったシック。同選手はその後、所属していたサンプドリアへ帰還した。

 当然、チェコの未来を担うとまで言われているシックには国内を中心に数々のビッグクラブが獲得に向けて動き出していた。中でもローマやインテルは同選手獲得に熱心で、それぞれ3800万ユーロ(約49億円)、3500万ユーロ(約45億円)と、高額オファーを提示していたようだ。

 そこで、攻撃陣に新戦力を加えたいユヴェントスも再びシックの獲得に興味を示し、クラブ関係者が代理人に接触したようだ。だが、ユヴェントスとサンプドリアの関係は同選手の移籍破談騒動により、かなり悪化しているようで再契約は困難であると同紙は伝えた。

関連記事(外部サイト)