横浜FMのバブンスキーがマケドニア代表選出「国を代表してプレーできるのは良いこと」

横浜FMのバブンスキーがマケドニア代表選出「国を代表してプレーできるのは良いこと」

マケドニア代表に選出されたバブンスキー [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 横浜F・マリノスは22日、MFダビド・バブンスキーが2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選を戦うマケドニア代表メンバーに選出されたことを発表した。

 マケドニア代表は、9月3日にイスラエル代表、6日にアルバニア代表と対戦。現在23歳の同選手は年代別マケドニア代表に選ばれ、2013年からはA代表に招集されている。これまでA代表では6試合に出場し、今季ここまでの明治安田生命J1リーグでは14試合に出場して2得点を記録している。

 同選手は横浜FMの公式HPで「A代表にまた選ばれることになりとても嬉しいです。ワールドカップ予選突破の望みがなくなっても国を代表してプレーできることは良いことですし、公式戦なのでFIFAランクを上げることがモチベーションです。また代表チームに大きな変化があり、多くの新たな若い選手たちが招集されます。世代交代となるのでとてもワクワクしていますし、将来マケドニアによい結果をもたらすことができるよう頑張っていきます」とコメントを発表している。

 マケドニア代表は欧州予選のグループGで6試合を終え、勝ち点「3」で5位となっている。

関連記事(外部サイト)