山形、筑波大FW北川柊斗の来季加入内定を発表「全身全霊をかけて闘う」

山形、筑波大FW北川柊斗の来季加入内定を発表「全身全霊をかけて闘う」

山形、筑波大FW北川柊斗の来季加入内定を発表「全身全霊をかけて闘う」の画像

 モンテディオ山形は22日、筑波大学蹴球部に所属するFW北川柊斗の来季加入内定を発表した。

 現在22歳の同選手は、名古屋グランパスの下部組織でのプレーを経て筑波大学に進学。山形の公式HPによれば「ゴールに向かう推進力があり、左右両足、ヘディング、どの様な形からでもゴールを狙うことのできる選手」で、各年代別の日本代表にも選出されている。

 北川は同HPで「来シーズンからモンテディオ山形に加入することになりました、北川柊斗です。小さい頃からの夢であるプロサッカー選手としてのキャリアを素晴らしいクラブでスタートできること大変嬉しく思います。モンテディオ山形に関わる全ての方々、今まで自分を支えてくださった方々に感謝し、モンテディオ山形の勝利に貢献出来るよう、全身全霊をかけて闘うので、応援宜しくお願いします」とコメントを発表している。

 同選手は筑波大学では背番号「10」を着用し、天皇杯での躍進にも貢献。9月20日に行われる4回戦では、大宮アルディージャと対戦が控えている。

関連記事(外部サイト)