鹿島DF小田逸稀が練習試合で負傷…内側側副靱帯損傷で全治2カ月

鹿島DF小田逸稀が練習試合で負傷…内側側副靱帯損傷で全治2カ月

天皇杯で出場機会を得ていた小田 [写真]=Kashima Antlers

 鹿島アントラーズは22日、DF小田逸稀の負傷を発表した。

 同選手は21日に行われた順天堂大学との練習試合で負傷し、チームドクターの検査を受けた結果、右膝内側側副靱帯損傷と診断されたという。全治は2カ月と見られている。

 現在19歳の同選手は東福岡高等学校を経て、今季から鹿島に加入。ここまでの明治安田生命J1リーグでは出番を得られていないものの、天皇杯では2回戦、3回戦に出場を果たした。

 鹿島はリーグ戦23試合を終え、16勝1分6敗の勝ち点「49」で首位に立っている。次節はセレッソ大阪とアウェイで対戦する。

関連記事(外部サイト)