実戦復帰したマンUのDFショー、好調なチームを見て「あの輪の中に…」

実戦復帰したマンUのDFショー、好調なチームを見て「あの輪の中に…」

復帰を果たしたショー [写真]=Man Utd via Getty Images

 マンチェスター・Uは22日、公式ホームページ上でケガから復帰したイングランド代表DFルーク・ショーのコメントを公開した。

 4月に行われたスウォンジーとの一戦にてヒザのじん帯を負傷したショーは、約4カ月間実戦から遠ざかっていた。しかし、21日に行われたマンチェスター・U・U−23の試合に出場し、復活ぶりをアピール。復帰の喜びを語った。

 同選手は「調子は右肩上がりだ。これからもっと良くなるだろう。ジョゼ・モウリーニョ監督のもとでポジション争いに挑むよ。監督が僕を使ってくれるように、一生懸命頑張るんだ。そのチャンスを待ち続ける。なるべく早くきてくれたら嬉しいね」とコメント。

 続いて「今日は1時間プレーできた。これはとてもハッピーなことだよ。このままコンディションを上げていきたいね。ELの決勝戦でプレーできなかったのは、本当に辛かった。だけど、チームメイトの戦う姿勢は素晴らしかったさ。チーム全員が同じ方向を向いてトレーニングした結果だよね。あの輪の中に入れるように努力したい」と口にしている。

 また、元イングランド代表MFアシュリー・ヤングも同試合にて実戦復帰を果たした。ヤングについてショーは「ロッカールームでは、彼のように経験豊富な選手がいる。様々な死線をくぐり抜けてきた男たちだよ。彼がピッチに立つと、若い選手たちの士気が上がるんだ。試合中は大きな声を出して味方を鼓舞してくれる。尊敬すべき選手だ」と称賛した。

 マンチェスター・Uは次節、プレミアリーグ第3節をレスターと戦う。

関連記事(外部サイト)