積極補強のミラン、昨季15発のカリニッチ獲得発表…4年契約締結

積極補強のミラン、昨季15発のカリニッチ獲得発表…4年契約締結

ミラン移籍が正式決定したFWカリニッチ [写真]=Getty Images

 ミランは22日、フィオレンティーナに所属するクロアチア代表FWニコラ・カリニッチの獲得を発表した。移籍形態は買い取り義務条項の付いたレンタル移籍で、同選手とは2021年6月30日までの4年契約を締結している。

 今夏の移籍市場で積極的な選手補強を敢行したミランは、ストライカーの新戦力候補として複数の名前を取り沙汰されていたものの、カリニッチの獲得が有力視されていた。15日付のイタリアメディア『メディアセット』によれば、ミランは2500万ユーロ(約32億5000万円)にボーナスを加えた条件のオファーを提示していたようだ。カリニッチの年俸は300万ユーロ(約3億9000万円)と報じられている。

 カリニッチは1988年生まれの29歳。ハイドゥク・スプリトの下部組織出身で、2005年にトップチームへ昇格した。他クラブのレンタル移籍を経験した後、2009年からはブラックバーンでプレー。2011年からはウクライナのドニプロに所属し、2015年からフィオレンティーナでプレーしていた。昨シーズンはセリエAで32試合に出場し、チームトップの15ゴールを記録している。

 ミランは20日のセリエA第1節でクロトーネを3−0で撃破。敵地で快勝し、上々のスタートを切った。次戦は24日、ヨーロッパリーグ・プレーオフのセカンドレグでシュケンディヤ79と対戦し、27日にはセリエA第2節でカリアリをホームに迎える。

関連記事(外部サイト)