誕生日にポルトガル移籍発表…中島翔哉、入籍も報告「一層の責任と自覚を」

FC東京がMF中島翔哉の入籍と、ポルティモネンセ(ポルトガル1部)への移籍を発表

記事まとめ

  • FC東京はMF中島翔哉の入籍と、ポルティモネンセ(ポルトガル1部)への移籍を発表した
  • 中島は入籍にあたり「より一層の責任と自覚を持って日々精進」と、コメントしている
  • 中島の移籍期間は2017年8月27日から2018年6月30日までで、移籍と入籍のW報告となった

誕生日にポルトガル移籍発表…中島翔哉、入籍も報告「一層の責任と自覚を」

誕生日にポルトガル移籍発表…中島翔哉、入籍も報告「一層の責任と自覚を」

誕生日に移籍と入籍を発表した中島翔哉 [写真]=Getty Images

 FC東京は23日、MF中島翔哉が今月6日に入籍したと発表した。

 23日が23回目の誕生日となる中島については、同日にポルティモネンセ(ポルトガル1部)への期限付き移籍加入が発表されている。移籍期間は2017年8月27日から2018年6月30日まで。移籍と同時に入籍も報告することとなった。

 入籍にあたり、中島は以下のようにコメントしている。

「私事ではございますが、このたびかねてからお付き合いをさせていただいていた方と入籍いたしました。まだまだ未熟者ではありますが、より一層の責任と自覚を持って日々精進してまいりますので、これからも変わらぬ応援のほどよろしくお願いいたします」

 中島は1994年生まれ。東京ヴェルディの下部組織出身で、2012年に2種登録選手としてトップチームに帯同した。同年にJ2デビューも果たし、ハットトリックも達成。2014年にFC東京への完全移籍が決定し、カターレ富山に期限付き移籍で加入した。同年8月にFC東京へ復帰し、同クラブでのプレーを続けている。年代別の日本代表にも名を連ね、昨年はリオデジャネイロ・オリンピックに出場。今季は公式戦で27試合に出場し、5得点を記録している。日本代表のFIFAワールドカップ ロシア2018 アジア最終予選予備登録選手にも名を連ねている。

関連記事(外部サイト)