ネイマールがバルセロナに帰還! メッシらを息子の誕生日パーティーに招待

ネイマールがバルセロナに帰還! メッシらを息子の誕生日パーティーに招待

PSGに移籍したネイマール [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールがバルセロナ時代のチームメイトたちと会っていたようだ。22日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 ネイマールは、パリ・サンジェルマンで再びチームメイトとなったブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスと共に渡西。バルセロナのカステイダフェルスにある自身の家で、息子のダヴィ・ルッカくんの誕生パーティーを開催したという。

 ネイマールはブラジル代表の同僚であり、今夏入れ違いでバルセロナに加入したMFパウリーニョのほか、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWルイス・スアレス、スペイン代表DFジェラール・ピケ、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチといったかつてのチームメイトたちを招待。旧友たちとの再会を楽しんだようだ。

 メッシは自身のインスタグラムにMSNトリオ(メッシ、スアレス、ネイマール)の3ショット写真を投稿し、「彼が帰って来た」という言葉を添えた。同日には、バルセロナが契約違反を理由にネイマールを提訴することを発表したことから、クラブに対する何らかのメッセージが含まれているのではないかという声も挙がったが、メッシの関係者によると同選手にそのような意図はないという。

 一方でネイマールは、参加メンバーの集合写真に加えてピケとの2ショット写真を投稿し、「彼は残る(Se queda)」というキャプションを添えた。同投稿は、ピケがネイマールの移籍騒動中に行ったツイートを完全再現したものとして、現地で大きな話題となっている。

 バルセロナからパリ・サンジェルマンに“円満移籍”とはならなかったネイマールだが、元チームメイトとの関係は相変わらず良好なようだ。

(記事/Footmedia)

関連記事(外部サイト)