運命の日本戦に挑む豪州代表メンバーが発表…ケーヒル選出も主将が脱落

運命の日本戦に挑む豪州代表メンバーが発表…ケーヒル選出も主将が脱落

日本戦、タイ戦に向けたオーストラリア代表メンバー23名が発表 [写真]=NurPhoto via Getty Images

 オーストラリアサッカー連盟は23日、今月下旬から来月上旬にかけて行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選に臨む代表メンバー23名を発表した。

 オーストラリアは最終予選8試合を終えて、4勝4分けの勝ち点「16」。無敗を維持しているが、サウジアラビアと同勝ち点で3位となっている。首位の日本とは1ポイント差で、8月31日の第9節で直接対決に臨む。埼玉スタジアム2002での激突は、まさに大一番となる。

 日本戦の後、オーストラリアは9月5日にホームでのタイ戦に臨む。タイは8試合で未だ勝ちなしの最下位に沈んでいる。

 今回発表されたメンバーには、幾度となく日本を苦しめてきたFWティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)を選出。DFミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス/日本)やブンデスリーガ開幕戦で2ゴールを記録したFWマシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)らも名を連ねている一方、主将を務めるMFミル・ジェディナック(アストン・ヴィラ/イングランド)は選外となった。

 日本代表戦、タイ代表戦に向けたオーストラリア代表のメンバー23名は以下のとおり。

▼GK
ミチェル・ランゲラク(シュトゥットガルト/ドイツ)
マシュー・ライアン(ブライトン/イングランド)
ダニエル・ヴコヴィッチ(ヘンク/ベルギー)

▼DF
ミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス/日本)
マシュー・スピラノビッチ(杭州緑城/中国)
ライアン・マクゴーワン(アル・シャルージャ/UAE)
トレント・セインズバリー(江蘇蘇寧/中国)
アレックス・ガースバック(ローゼンボリ/ノルウェー)
ブラッド・スミス(ボーンマス/イングランド)
バイリー・ライト(ブリストル/イングランド)

▼MF
ジェームス・トロイージ(メルボルン・ビクトリー)
マーク・ミリガン(メルボルン・ビクトリー)
ムスタファ・アミニ(オーフス/デンマーク)
トム・ロギッチ(セルティック/スコットランド)
ジャクソン・アーバイン(バートン・アルビオン/イングランド)
アーロン・モーイ(ハダースフィールド/イングランド)
マッシモ・ルオンゴ(クイーンズ・パーク・レンジャーズ/イングランド)

▼FW
マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
ロビー・クルーズ(ボーフム/ドイツ)
ジェイミー・マクラーレン(ダルムシュタット/ドイツ)
トミ・ユリッチ(FCルツェルン/スイス)
アワー・メイビル(パソス・デ・フェレイラ/ポルトガル)
ティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)

関連記事(外部サイト)