リヴァプール、シャルケ主将獲得を検討…交渉難航のファン・ダイク代役か

リヴァプール、シャルケ主将獲得を検討…交渉難航のファン・ダイク代役か

シャルケ主将のベネディクト・ヘーヴェデス [写真]=Getty Images

 リヴァプールが、シャルケのキャプテンであるドイツ代表DFベネディクト・ヘーヴェデスの獲得を画策しているようだ。イギリスメディア『デイリーミラー』が22日に報じている。

 同メディアによると、リヴァプールはサウサンプトン所属するオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの移籍交渉が難航しているため、代役としてヘーヴェデスをリストアップした模様。同クラブはすでに、シャルケと接触しておりクラブ間での交渉は始まっているという。同クラブのユルゲン・クロップ監督もダイクの代役として同選手の獲得を希望しており、移籍金は1800万ポンド(約25億円)程度と見られている。

 ドイツメディア『Funke Sport』で、ヘーヴェデスが自身の去就について次のように述べている。

「私はドイツの中でしか移籍しないと言ったが、海外への移籍も考えられる。今日の時点では、まだわからない。とにかく海外のクラブからオファーを受け驚いた。今私の代理人がチェックしているよ」

 現在29歳の同選手は下部組織から現在までシャルケ一筋を貫く主将。2016年2月には契約を2020年まで延長している。

関連記事(外部サイト)