2ゴールの川崎FW小林悠、セカンドレグも必勝誓う「次もしっかり勝つ」

2ゴールの川崎FW小林悠、セカンドレグも必勝誓う「次もしっかり勝つ」

2ゴールで勝利に大きく貢献した川崎FW小林悠 [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準々決勝ファーストレグが23日に行われ、川崎フロンターレは浦和レッズに3−1で勝利した。この試合で2ゴールを挙げた川崎FW小林悠が、試合後のインタビューに応じている。

 小林は0−0で迎えた33分、左サイドからPA内に侵入したMF中村憲剛のラストパスを冷静に流し込んでゴール。チームに先制点をもたらした。このシーンについて小林は「憲剛さんが抜け出した時にマイナスのスペースが空いていて、本当に良いボールをくれたので、しっかり決めるだけでした」と振り返っている。

 川崎はその後DFエウシーニョのゴールで2−0としたが、76分には浦和に1点を返され、嫌な雰囲気が漂い始める。ここで再び流れを引き戻したのが、小林だった。85分、家長昭博のクロスを確実に頭で決め、勝利を決定づけるゴール。「あのゴールもアキくん(家長)が自分の特徴を生かして滞空時間の長いボールをくれたので、しっかり合わせられてよかったです」と語り、家長に感謝しつつ今大会6ゴール目を喜んだ。

 ホームで3−1と先勝し、川崎はクラブ史上初のACLベスト4進出に前進。セカンドレグは引き分け以上で突破が決まるが、小林は2連勝での準決勝進出を誓った。

「やっぱりホームでしっかり勝ち切ることが大事だったと思いますし、まあアウェイゴールを決められましたけど、次もしっかり勝てれば問題ないので、しっかり良い準備をして挑みたいと思います」

 セカンドレグは9月13日に浦和のホーム・埼玉スタジアム2002で開催される。

関連記事(外部サイト)