リヴァプールが3年ぶりのCL本戦進出…ホッフェンハイムから計6点奪い連勝

リヴァプールが3年ぶりのCL本戦進出…ホッフェンハイムから計6点奪い連勝

リヴァプールがホッフェンハイムに連勝し、CL本戦出場を決めた [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフのセカンドレグが23日に行われ、リヴァプールとホッフェンハイムが対戦した。

 ファーストレグを2−1で制したリヴァプール。ホームでのセカンドレグも先手を取った。開始10分、ペナルティエリア手前でキープしたサディオ・マネがヒールパス。これを受けたエムレ・ジャンがエリア内左から右足シュートを放つと、ブロックに入ったDFに当たり、GKの反応とは逆のゴール左隅に決まった。

 さらに18分、ロベルト・フィルミーノの折り返しをジョルジニオ・ワイナルドゥムが右足で合わせると、シュートは右ポストを直撃するが、そのこぼれ球をモハメド・サラーが押し込んで追加点。21分にはエリア内左に進入したマネのヒールパスを、後方から走り上がったフィルミーノが中央へ折り返すと、ファーでフリーのジャンが左足で合わせて、はやくも3点目を挙げた。

 序盤に3失点を喫したホッフェンハイムは24分にホーヴァル・ノルトヴェイトを下げてマルク・ウートを投入。3バックの1人を削り、FWを入れて反撃を狙う。するとその采配が的中。28分、サンドロ・ヴァーグナーからパスを受けたウートが、エリア内右から右足シュートを放つと、ゴール左隅に決まり、1点を返した。

 2戦合計3点リードで折り返したリヴァプールは63分、最終ラインまでプレスをかけたジョーダン・ヘンダーソンが相手DFからボールを奪い、エリア手前で横パス。走り上がっていたフィルミーノが右足シュートをゴール右隅に沈め、追加点を奪った。

 ホッフェンハイムは79分、アンドレイ・クラマリッチが左サイドからクロスを送ると、中央のヴァーグナーがヘディングシュートを叩き込み、2戦合計3点ビハインドに戻す。だが、ホッフェンハイムの反撃は続かず、試合はリヴァプールが4−2で勝利。2戦合計6−3で3年ぶりのCL本戦出場を決めた。一方、敗れたホッフェンハイムはクラブ初挑戦のCLで本戦には届かなかった。

【スコア】
リヴァプール 4−2(2戦合計:6−3) ホッフェンハイム

【得点者】
1−0 10分 エムレ・ジャン(リヴァプール)
2−0 18分 モハメド・サラー(リヴァプール)
3−0 21分 エムレ・ジャン(リヴァプール)
3−1 28分 マルク・ウート(ホッフェンハイム)
4−1 63分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
4−2 79分 サンドロ・ヴァーグナー(ホッフェンハイム)

関連記事(外部サイト)