川崎と上海上港が快勝…西地区2試合はドロー/ACL準々決勝第1戦

川崎と上海上港が快勝…西地区2試合はドロー/ACL準々決勝第1戦

川崎(左)と上海上港(右上)が先勝し、ベスト4進出へ前進 [写真]=Getty Images

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝のファーストレグが、22日から23日にかけて各地で開催された。

 東地区では、同国対決2試合が組まれている。川崎フロンターレと浦和レッズの一戦は、3−1で川崎が快勝。FW小林悠の2ゴールとブラジル人DFエウシーニョの得点で、ホームで先勝した。

 東地区のもう1試合は、中国勢同士の対決に。上海上港が広州恒大をホームに迎え、4−0と大勝を収めた。ブラジル代表FWフッキがPKで先制点を決めるなど、ゴールラッシュで準決勝進出へ大きく前進している。

 そして西地区では、前回大会準優勝のアル・アイン(UAE)がホームでアル・ヒラル(サウジアラビア)とスコアレスドロー。DF塩谷司とブラジル人MFカイオはフル出場、同FWドウグラスは先発出場して終盤までプレーしている。また、ペルセポリス(イラン)とアル・アハリ(UAE)の一戦は2−2の引き分けに終わった。

 ACL準々決勝ファーストレグの結果は以下のとおり(左側がホーム)。セカンドレグは9月12日と13日に開催される。

▼東地区
川崎フロンターレ(日本) 3−1 浦和レッズ(日本)
上海上港(中国) 4−0 広州恒大(中国)

▼西地区
アル・アイン(UAE) 0−0 アル・ヒラル(サウジアラビア)
ペルセポリス(イラン) 2−2 アル・アハリ(UAE)

関連記事(外部サイト)