リーガ出場停止中のC・ロナが決勝弾…レアルがフィオレンティーナ撃破

リーガ出場停止中のC・ロナが決勝弾…レアルがフィオレンティーナ撃破

レアル・マドリードが「サンティアゴ・ベルナベウ杯」を制した [写真]=Real Madrid via Getty Images

 親善試合「サンティアゴ・ベルナベウ杯」が23日に行われ、レアル・マドリードが本拠地にフィオレンティーナを迎え撃った。

 レアル・マドリードの先発メンバーには、セルヒオ・ラモスやマルコ・アセンシオ、新加入のテオ・エルナンデス、ダニ・セバージョスといった面々が名を連ねた。スーペルコパ・デ・エスパーニャのファーストレグで退場処分を受け、リーガ・エスパニョーラでの出場停止処分をあと3試合残しているクリスティアーノ・ロナウドも先発出場している。

 スコアは開始早々に動いた。4分、フィオレンティーナが均衡を破る。ペナルティーエリア手前でパスを受けたジョルダン・ヴェレトゥがミドルシュートをゴール左隅へ決めた。

 先制を許したレアル・マドリードも3分後に反撃。アセンシオがペナルティーエリア手前から左前方のC・ロナウドへパスを通すと、またぎフェイントからラストパスをエリア右側へ。待っていたボルハ・マジョラルが難なく押し込み、同点に追い付いた。

 そして逆転ゴールは、出場停止中のC・ロナウドが記録した。33分、ペナルティーエリア左外でボールを持つと、ドリブルでのカットインから右足を一閃。強烈な一撃を逆サイドネットへ突き刺し、スコアは2−1となった。

 後半は両チームともに選手交代を繰り返し、レアル・マドリードはイスコやトニ・クロース、ギャレス・ベイル、カゼミーロらがピッチに立った。ジネディーヌ・ジダン監督の次男であるGKルカ・ジダンもハーフタイム明けから出場し、無失点に抑えてみせた。試合は2−1のまま終了。レアル・マドリードがフィオレンティーナを破った。

 レアル・マドリードは次戦、27日にリーガ・エスパニョーラ第2節でバレンシアをホームに迎える。一方のフィオレンティーナは同日、セリエA第2節でサンプドリアとのホームゲームを控えている。

【スコア】
レアル・マドリード 2−1 フィオレンティーナ

【得点者】
0−1 4分 ジョルダン・ヴェレトゥ(フィオレンティーナ)
1−1 7分 ボルハ・マジョラル(レアル・マドリード)
2−1 33分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

関連記事(外部サイト)