ハリル監督、プレッシャーと批判を力に変える「私はこういう状況が好き」

ハリル監督、プレッシャーと批判を力に変える「私はこういう状況が好き」

日本代表を率いるハリルホジッチ監督 [写真]=Masterpress/Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ・アジア最終予選に臨む日本代表は24日、代表メンバー27名を発表した。

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「我々全員にとって重要な時期です。オーストラリア代表戦は、ただのサッカーの試合ではありません。この試合に勝つために応援してもらいたい」とサポートを呼び掛けた。

 今月31日に控えるオーストラリア戦に勝てば6大会連続のW杯出場が決定する。「批判も耳に入ってきていますし、プレッシャーもあります」とハリルホジッチ監督は認めながらも「私はこういう状況が好きです。批判が多ければ多いほど、強くなります」と大一番に向けて意気込んだ。

 これまでオーストラリアにはアジア最終予選で一度も勝利したことはないが、「第1戦(2016年10月11日 1−1でドロー)は勝つ可能性がありました」と手応えを感じている。「選手たちには“サムライ”になってもらわないといけない。試合に出る選手は勝利を求めてほしい。この一戦はW杯につながる試合です。そのために最高の準備をしていきます。難しい状況ですが、このチームにはできる」と抱負を語った。

 日本は31日にホームでオーストラリア代表と、5日はアウェイでサウジアラビア代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)