【札幌vs仙台プレビュー】札幌は石川直樹の加入で戦術に幅…仙台はリーグ3連勝を目指す

【札幌vs仙台プレビュー】札幌は石川直樹の加入で戦術に幅…仙台はリーグ3連勝を目指す

仙台は大岩一貴を軸とする3バックが安定してきた。現在は2連勝中 [写真]=J.LEAGUE

■北海道コンサドーレ札幌 石川直樹の存在によって守備面の安定感は増す

【プラス材料】
 リーグ前節の川崎戦、加入後初出場を果たした石川直樹のコンディション、フィット具合が着実に高まっている部分が間違いなく大きなプラス材料だ。前節は左ウイングバックの位置で先発し、今節ので仙台戦も同じ位置での先発が濃厚。試合展開によっては福森晃斗とポジションを入れ替えることもできるため、戦術的な幅が広がったことも間違いない。

 前々節まで左ウイングバックにはアタッカータイプの菅大輝が起用されていたものの、攻撃的な選手であるがゆえ、守備面での甘さはどうしても目についてしまっていた。しかし、センターバックを主戦場とする石川がここに据えられることで、守備面の安定感は増すはずだ。シビアな残留争いの最中であることを考えても、守備力の向上は不可欠なため、石川の存在は重要なものとなる。

 また、この試合では右サイドに早坂良太が先発起用される可能性も浮上。ハードワークを身上とするこの選手の登場で、チームの雰囲気も高まるはず。

【マイナス材料】
 ここ最近は4試合勝ちなしと、完全に流れは良くない状況だ。降格圏内からの足音も聞こえてきている。前節の川崎戦はスコアこそ1−2だったものの、数多くの決定機を作られていただけに、かなり厳しい試合だったと評するべきだろう。

 重く捉えなければいけないのは、夏の補強を敢行してからはここまでわずか1勝という点だ。絶不調かつ9人になった浦和に2−0で勝った試合以外は内容も結果も乏しく、補強自体の成否が問われつつある状況とも言える。

 プレーでは勢いを見せているチャナティップも、数字的にはここまで無得点。1アシストは記録しているものの、試合結果に影響するものではなかったため、現時点では結果を出せていないと言わざるを得ない。提携国リーグ枠の選手なので純粋な外国籍選手とは言えないのかもしれないが、いずれにせよ、ここまで無得点というのはネガティブな事実だ。

文:totoONE編集部

■ベガルタ仙台 今季は札幌と2度対戦し、いずれも勝利

【プラス材料】
 リーグ前節は、敵地で新潟に押される苦しい展開が続いたが、耐え抜いて終盤に2得点を挙げ、2−1で逆転勝ちを収めた。

 最近の守備の修正が実ってきたところで、特に最終ラインでは大岩一貴を中央に配置し、ビルドアップに長けたDFを脇に置く形が安定している。デビュー2年目の椎橋慧也も、本職はボランチながらDFとして落ち着いたプレーを見せていることが好材料だ。

 リーグ3連勝を目指す今節の相手は札幌。今季はリーグ戦とルヴァンカップで一度ずつ対戦しており、いずれも勝利している。相手は新戦力を加えて前回対戦よりも強化されていることには警戒が必要だが、仙台も新戦力がフィット。特に、野津田岳人はルヴァンカップに出場できない分も、札幌戦での活躍が期待される。

【マイナス材料】
 札幌とは今季の公式戦で2度対戦。ホームとアウェイを一度ずつ経験したが、今回はまた違う会場での対戦となる。

 今節試合が行われる札幌厚別公園競技場では、実はブランメル仙台と称していた旧JFL時代から、一度も勝ったことがない。J2では8試合を行い1分7敗と大きく負け越している。会場との相性の悪さは気がかりだ。

 また、この一戦は、夏場ながら14時キックオフ。札幌での試合とはいえ、暑さ対策を十分にしなければならない。仙台は30日に鹿島とのルヴァンカップが控えているために、疲労を考慮したマネジメントも必要になる。

 札幌には金園英学やキム・ミンテに加え、この夏から石川直樹という元仙台の新戦力が加わった。仙台のことをよく知る者たちも、手強い相手となるだろう。

文:totoONE編集部

関連記事(外部サイト)