CLポジション別最優秀選手、レアルからC・ロナら3名…GKはブッフォン

CLポジション別最優秀選手、レアルからC・ロナら3名…GKはブッフォン

CL各ポジション最優秀選手賞に輝いたブッフォン、S・ラモス、モドリッチ、C・ロナウド(左から) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images、UEFA via Getty Images

 24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ組み合わせ抽選会にて、昨シーズンの同大会ポジション別最優秀選手が発表された。

 GK、DF、MF、FWの4部門について、今月4日に最終候補3選手ずつがすでに発表されていた。そして今回、各ポジションの最優秀選手が決定。史上初のCL連覇を成し遂げたレアル・マドリードからスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの3選手が選出された。

 そしてGK部門では、昨シーズンのCLで12試合に出場し、9回ものクリーンシートを記録したユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが受賞。決勝ではレアル・マドリードを相手に4失点を喫したが、安定感抜群のプレーでチームを支えた。

 なお各賞の投票者は、2016−17シーズンのCL、ELのグループステージに出場したクラブの監督、さらに欧州スポーツメディア(ESM)グループがUEFA加盟各協会から1人ずつ選んだ55人のジャーナリストで構成。監督については、自らが率いるチームの選手に投票することが禁じられている。

 2016−17シーズンのCLポジション別最優秀選手は以下のとおり。

▼CL最優秀GK賞…ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
(最終候補)
マヌエル・ノイアー(バイエルン)
ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード)

▼CL最優秀DF賞…セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
(最終候補)
レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス→ミラン)
マルセロ(レアル・マドリード)

▼CL最優秀MF賞…ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
(最終候補)
カゼミーロ(レアル・マドリード)
トニ・クロース(レアル・マドリード)

▼CL最優秀FW賞…クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
(最終候補)
パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
リオネル・メッシ(バルセロナ)

関連記事(外部サイト)