ユーヴェGM、A・ゴメス獲得を否定「現時点で彼は目標ではない」

ユーヴェGM、A・ゴメス獲得を否定「現時点で彼は目標ではない」

バルセロナで確固たる地位を築くことができなかったA・ゴメスは新天地に移ることになるのだろうか [写真]=Getty Images

 ユヴェントスのゼネラルマネージャー(GM)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏がバルセロナのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスの獲得を否定した。イタリア紙『メディアセット』が24日付で報じている。

 この夏を通して中盤の補強を目指してきたユヴェントスは、パリ・サンジェルマンからフランス代表MFブレーズ・マテュイディを獲得した後も、レアル・マドリードのクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチやA・ゴメスの引き抜きに動いていた。

 加えて、クラブの生え抜きであるイタリア代表MFクラウディオ・マルキージオの退団の噂が浮上したこともあり、A・ゴメスの獲得に本腰を入れ始めるのではないかと噂されていた。

 しかし、チャンピオンズリーグ(CL)抽選会後の記者会見に臨んだマロッタ氏は、A・ゴメスの獲得について問われると「われわれはバルセロナと良好な関係を保っているが、アンドレ・ゴメスはメディアが騒いでいるだけで、現時点では我々のターゲットではない」と、同選手の獲得を否定した。

 さらに、「我々は獲得に向けて動いているが、何かを支配したいわけではない。チームにはすでに競争力が備わっているよ。チームの質を高める選手との間にチャンスがあれば新しい契約を結ぶだろう」と、現チームの選手たちに満足していることを明かした。

関連記事(外部サイト)