代表招集の大迫、ホーム開幕戦で実戦復帰へ…酒井高のHSVと対戦

代表招集の大迫、ホーム開幕戦で実戦復帰へ…酒井高のHSVと対戦

HSV戦での復帰が期待される大迫 [写真]=Bongarts/Getty Images

 24日に発表された日本代表にも選出されたFW大迫勇也が、現地時間25日に行われるブンデスリーガ第2節ハンブルガーSVとの試合で復帰する可能性が高いことが分かった。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。

 ボルシアMGとの開幕戦では0−1で惜敗し、敗戦という形でシーズンのスタートを切ることとなったケルン。25日にはホーム初戦で、日本代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと戦う。この試合で大迫が実戦復帰を果たすことができるようだ。

 チームを率いるペーター・シュテーガー監督は、同選手の出場について「もしも特別に何もアクシデントがなければ、金曜(25日)の夕方はチームと共にいるだろう」とコメント。大迫の復帰によって、マインツから加入したコロンビア人FWジョン・コルドバもさらにその存在価値をあげることができると期待されている。

 25年ぶりに欧州の舞台へ返り咲きを果たしたケルン。試合日と同じ25日にはヨーロッパリーグのグループリーグ組み合わせ抽選会が行われる予定だが、シュテーガー監督は「あくまで我々の集中は試合へと向けられている。誰も組み合わせ抽選会のことを口にするものなどいない」と語った。

 ケルンとは対照的に開幕戦で勝利を収めている対戦相手のハンブルガーSVについては「難しい試合になるだろう。ハンブルガーSVは非常に闘争心溢れるチームだ。多くのチームが苦しめられている」と警戒し、気を引き締めた。

関連記事(外部サイト)