チェルシー監督、アザールの代表招集に疑問「回復するための時間が必要」

チェルシー監督、アザールの代表招集に疑問「回復するための時間が必要」

ベルギー代表に招集されたアザール [写真]=Chelsea FC via Getty Images

 チェルシーを指揮するアントニオ・コンテ監督は、MFエデン・アザールがベルギー代表に招集されたことに「驚いた」。

 アザールは、今年6月に招集されたベルギー代表の練習中に負傷した。現在は順調に回復しており、25日にはプレミアリーグ2(クラブの下部組織が所属するリーグ)でもプレーしている。しかし、未だ完全回復には至っていないアザールを代表に選んだことに、コンテ監督は戸惑いを隠せていない。

 監督は「ケガから回復するための時間を十分に取ることは、とても大切なことなんだ。私もイタリア代表を率いた経験がある。だから、代表監督の意思を尊重するよ。ただ、もしアザールがプレーする準備ができていないのなら、試合には出ないだろう。それは、彼が私たちとともにプレーしていない理由にもなる」とコメントした。

 ベルギー代表は31日に、ジブラルタルとホームで、9月3日にギリシャとアウェイで2018 ワールドカップロシア大会 欧州予選をそれぞれ戦う。

関連記事(外部サイト)