マンUと契約延長したイブラヒモヴィッチ「進化した俺を待っててほしい」

マンUと契約延長したイブラヒモヴィッチ「進化した俺を待っててほしい」

マンUと契約延長を果たしたイブラヒモヴィッチ [写真]=Man Utd via Getty Images

 マンチェスター・Uと1年間の契約延長に合意した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがインタビューに応えた。クラブの公式ホームページがコメントを掲載している。

 イブラヒモヴィッチは昨シーズン、公式戦46試合出場28ゴールを奪いチームを牽引した。しかし、4月にヒザを負傷し戦線を離脱。現在はリハビリに取り組んでおり、順調に回復している。

 イブラヒモヴィッチは「ピッチに戻るときは、以前よりパワーアップした状態で復帰したい。だから、今すぐの復帰は無しだ。進化した俺を待っていてほしい」とコメント。続いて「クラブに戻ってこられて嬉しい。自分にとって素晴らしいプランだ。昨シーズンと同じようにプレーしたいね。今は周りの刺激がやる気に還元されている。オールド・トラッフォードの芝を踏むのが待ち遠しい。ファンのみんなに俺のゴールを早く届けたい」とクラブに留まれたことを嬉しく語った。

 マンチェスター・Uは次節、26日にレスターとホームで対戦する。

関連記事(外部サイト)