コンテ監督、ユース選手の育成状況に苦言 タイトルレースへの懸念も

コンテ監督、ユース選手の育成状況に苦言 タイトルレースへの懸念も

コンテ監督がチーム状況に不満を漏らした [写真]=Chelsea FC via Getty Images

 チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、クラブの育成システムに苦言を呈した。27日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 コンテ監督は下部組織の選手たちに、トップチームへ引き上げる程のプレーヤーがいないと指摘。若手選手の育成に資金を投入しながら、優秀なプレーヤーを育てることができていないクラブに苦言を呈した。

 同監督は「タイトルレースを戦うのか、若い選手を育成するのか、クラブはどちらかを選択しなければならない」と語り、現状への不満を漏らしている。

 20日に行われたプレミアリーグ第2節トッテナム戦では、中心選手2名がケガで欠場し、さらに2名の選手を出場停止で欠いていたチェルシー。この件に関して、コンテ監督は「選手4名の不在は、緊急事態と言えるだろう」と語り、チーム力の底上げを必要視していた。

 指揮官からの指摘を受けたチェルシーについては、今夏中にさらなる補強を行う可能性も伝えられている。

関連記事(外部サイト)