ボルト氏が“夢”へ一歩前進? “夢の劇場”で大ファンのマンUを観戦

陸上競技を引退し、サッカー選手への転身を目指すウサイン・ボルト氏がマンU観戦

記事まとめ

  • ウサイン・ボルト氏がプレミアリーグ第3節のレスター戦を観戦したとのこと
  • 試合前にジョゼ・モウリーニョ監督やアレックス・ファーガソン監督らと面会した模様
  • ボルト氏は陸上競技からの引退を発表しており、サッカー選手への転身を目指している

ボルト氏が“夢”へ一歩前進? “夢の劇場”で大ファンのマンUを観戦

ボルト氏が“夢”へ一歩前進? “夢の劇場”で大ファンのマンUを観戦

マンチェスター・Uの熱狂的なファンであるウサイン・ボルト氏 [写真]=Getty Images

 陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者であるウサイン・ボルト氏が、26日に行われたプレミアリーグ第3節のレスター戦を観戦したようだ。26日付のイギリス紙『サン』が伝えている。

 ボルト氏は、13日にまで開催されていた陸上世界選手権を最後に、陸上競技からの引退を発表。同氏の引退は陸上競技界に大きな衝撃を与えていた。

 ボルト氏は陸上競技から身を退いた後にはサッカー選手への転身を目指している。また、マンチェスター・Uの熱狂的なファンとして知られる同氏は、以前からマンチェスター・U入りの“夢”を公言しており、来月に開催される同クラブとバルセロナのレジェンド同士が対戦するチャリティーマッチのメンバーに含まれているという。

 そんなボルト氏が今回、マンチェスター・Uの試合を観戦したようだ。同氏が“夢の劇場”といわれるオールドトラフォードに訪れるのは2回目。前回は日本代表MF香川真司の在籍時である2012年であった。同メディアによると、試合前に同クラブのジョゼ・モウリーニョ監督やクラブの伝説・アレックス・ファーガソン監督らと面会。さらには同クラブが昨季に獲得したヨーロッパ・リーグ(EL)のトロフィーも掲げたようだ。

 同氏は同日、自身のツイッターで大ファンであるマンチェスター・Uでのひとときを報告している。

 そして、プレミアリーグ本部もボルト氏の観戦の様子をツイッターの公式アカウントで掲載した。

 ボルト氏が“夢の劇場”で“夢”を実現する日はくるのだろうか。今後も同氏のサッカー選手への転身には注目が集まりそうだ。

関連記事(外部サイト)