ブッフォンがVARに進言…2度のPK判定に「ビデオ判定を使いすぎている」

ブッフォンがVARに進言…2度のPK判定に「ビデオ判定を使いすぎている」

VARの使用過多に苦言を呈すブッフォン [写真]=Getty Images

 イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、今シーズンから導入されているビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)についてコメントした。

 試合中に起こる判断が難しいジャッジを、ビデオで判断することによって補佐するのがVARだが、試合の流れを余分に止めたり改善の余地がある。26日に行われたセリエA第2節のジェノア対ユヴェントスの試合でも、VARによって2度のPKが与えられた。

 イギリスメディア『BBC』の報道によると、ブッフォンは「レフェリーはVARを使いすぎているし、間違いが起こると思う。このやり方は好きではない」とコメントした。

 続いて「VARをもっと控えめに使えば、サッカーにとってより良いものになる。VAR自体を批判しているわけではない。今の方法では、主審が要らなくなってしまう。みんながもう少し落ち着き、客観的になり、多少の間違いを受け入れられれば、全てがより良い結果になる」と苦言を呈している。

 さらに「サッカーではいつでも時間を止めていいわけではない。水球のように3分ごとに試合を止めるわけにはいかないんだ。今のやり方を踏襲すれば、いつまでたっても試合が終わらなくなる」とサッカーの“流れ”についても語った。

関連記事(外部サイト)