ユーヴェ、バルサのA・ゴメス獲得へ交渉中 高額移籍金がネックに

ユーヴェ、バルサのA・ゴメス獲得へ交渉中 高額移籍金がネックに

ユヴェントス移籍が噂されているA・ゴメス [写真]=Power Sport Images/Getty Images

 バルセロナに所属するポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスについて、ユヴェントスへ移籍する可能性がでている。27日付のスペイン紙『マルカ』が報じた。

 今回の報道によると、A・ゴメスに関して、バルセロナとユヴェントスの間で交渉が進んでいるという。しかし、話し合いの進捗は順調と言えず、バルセロナ側が要求する移籍金4500万ユーロ(約58億7000万円)がネックとなっている。

 昨シーズン終了時点では残留が有力視されていたA・ゴメスだったが、バルセロナは同選手の売却で得る資金を元手に、新たな選手の獲得を計画しているようだ。なかでも同クラブは、パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアと、リヴァプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを狙っているとされている。

 その一方で、ユヴェントスに要求額の用意はなく、また、同クラブは完全移籍ではなくレンタルでの加入を望んでいる模様。以前にゼネラルマネージャー(GM)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏がA・ゴメス獲得を否定した経緯もあり、移籍が実現するか否かは未だ不透明な状況だ。

関連記事(外部サイト)