グアルディオラ監督、決勝ゴール直後のスターリング退場判定に不満

グアルディオラ監督、決勝ゴール直後のスターリング退場判定に不満

スターリングは決勝ゴール直後に退場処分を受けた [写真]=Action Plus via Getty Images

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、審判の判定に対する不満を露わにした。26日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 プレミアリーグ第3節が26日に行われ、マンチェスター・Cはボーンマスと対戦。先制を許したものの、前半のうちに同点へ追いつくと、試合終了間際にイングランド代表MFラヒーム・スターリングが決勝点を挙げ、マンチェスター・Cが2−1の勝利を収めた。

 しかし、決勝ゴール直後にサポーターのもとへ駆け寄ったスターリングに対し、主審がイエローカードを提示。この日2枚目の警告を受けた同選手は退場を強いられ、1試合の出場停止が決まった。

 この件について、グアルディオラ監督はイギリスメディア『スカイスポーツ』のインタビューで「我々はファンと喜びを分かち合えないようだ。理解できない。理由を教えてくれ」とコメント。判定への苛立ちを隠せない様子を見せた。

 また、同監督は「彼はファンのところへ行き、その後戻ってきた。何が起きたのか分からない。次の試合で彼を使えない理由を知りたいよ」と続け、スターリングの次戦出場停止に不満を漏らしている。

 マンチェスター・Cは次節、9月9日にホームでリヴァプールと対戦する。

関連記事(外部サイト)