クロップ監督、アーセナル戦はエジルを警戒「ずば抜けたテクニシャン」

クロップ監督、アーセナル戦はエジルを警戒「ずば抜けたテクニシャン」

クロップから能力を絶賛されたエジル [写真]=Getty Images

 27日に行われるプレミアリーグ第3節アーセナル戦を前に、リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督がコメントを残している。イギリス紙『デイリーメール』が同日に伝えた。

 アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルは、19日の前節ストーク戦に敗れた際、敗北の責任を指摘されていた。しかし、クロップ監督は同選手の能力を高く評価し、対戦相手として強い警戒を示している。

 クロップ監督は「アーセナルと3−3で引き分けた試合を覚えている。あのゲームはエジルや(オリヴィエ)ジルーがいなければ、我々が3−0で勝利していただろう。彼はずば抜けたテクニシャンだ」とコメント。エジルの技術を称賛している。

 また、同監督は「彼のプレーに不満を抱く理由が分からない。クオリティに疑いの余地はないし、ドイツ代表でも重要な役割を担っている。注意すべき選手だ」と語り、警戒の必要性を述べた。

 リーグ2試合を終えて1勝1分けのリヴァプールだが、強豪アーセナルを相手に勝ち点を積み上げることができるだろうか。

関連記事(外部サイト)