昌子、主将・長谷部の復帰に笑顔「一番帰って来てほしい人が帰ってきた」

昌子、主将・長谷部の復帰に笑顔「一番帰って来てほしい人が帰ってきた」

DF昌子 MF長谷部の復帰喜ぶ

昌子、主将・長谷部の復帰に笑顔「一番帰って来てほしい人が帰ってきた」

リラックスした表情で練習場に現れた昌子(中央)

 DF昌子源(鹿島アントラーズ)がキャプテンの復帰を喜んだ。日本代表は27日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選のオーストラリア戦(31日)に向けて埼玉県内で調整を行った。

 この日の練習には国内組の9選手に加えて、海外組の3選手が参加。そこには約5カ月ぶりに日本代表に復帰したMF長谷部誠(フランクフルト)の姿もあった。「一番帰って来てほしい人が帰ってきた」。そう言って、昌子は笑顔を浮かべた。

「いる時といない時を両方経験しているけど、長谷部さんの存在感やチームに与える影響力は、本当にずば抜けていると思います。安心感が違う。鹿島の(小笠原)満男さんのように、『この人について行けば、自然と正しい道に行けるんじゃないか』と思わせるような背中をしている」

 日本はオーストラリア戦で勝利を収めれば、ロシアW杯への切符を手にする。大一番に向けてチームの雰囲気も引き締まっているようで、「今回はみんなが重要な試合だと分かっている。いつもより少しピリピリしている感じはあります」と変化を話す。

 オーストラリアは、日本がこれまでのアジア最終予選で一度も勝利を収めたことのない相手だ。「どんな戦いになるか想像できない」としつつ、守備面では「(トミ・)ユリッチのキープ力はすごい。両サイドのウイング的なポジションの選手も速いので、そういったところを注意していきたい」とイメージを膨らませる。

 日の丸を付けて戦う責任も強く感じている。6月の親善試合・シリア戦とW杯最終予選のイラク戦にセンターバックで先発した昌子は、「国を背負って戦うことへの責任感はすごく増しました」と頼もしい表情を見せた。「ワールドカップは絶対に行かないといけない。そういう使命だと思うし、その任務を果たすために強い気持ちを持ってチームに合流した」。オーストラリア戦は想像を絶するプレッシャーを感じるかもしれない。それでも昌子は「それに押しつぶされるようでは選手としてダメだと思う。そういうプレッシャーもポジティブに捉えて、楽しみに変えていけるくらいのメンタルを持っていきたい」と強気の姿勢で臨む。

関連記事(外部サイト)