4失点で敗北したヴェンゲル監督、チームのプレーは「壊滅的だった」

4失点で敗北したヴェンゲル監督、チームのプレーは「壊滅的だった」

リヴァプールに敗北したヴェンゲル監督 [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 プレミアリーグ第3節が27日に行われ、リヴァプールとアーセナルが対戦した。試合後にアーセン・ヴェンゲル監督が試合を振り返っている。

 試合はリヴァプールが4ゴールを記録しアーセナルを下している。リヴァプールは公式戦4連勝を達成し、アーセナルは2連敗を喫した。

 イギリスメディア『BBC』の報道によると、アーセナルを率いるヴェンゲル監督は「もしファンが、私を問題視しているなら謝らなければいけない。だがサポーターには、今日のような試合をしても、チームを支えてほしい。私たちにできるのは良いパフォーマンスを彼らに見せることだけなのだから」とコメントした。

 続けて「前半はフィジカル、メンタル、テクニック面で十分なレベルに達していなかった。だからあのようなパフォーマンスになった。今日の私たちのプレーは受け入れられるものではない。リヴァプールにとっては、私たちは簡単な相手になってしまった。壊滅的なプレーだった。感情が追いついて来ず、選手間の距離が空いてしまった。他にもいくつか理由がある。インターナショナルブレイクを迎えるが、これから一貫したパフォーマンスを披露しなくてはならないんだ」と敗戦を嘆いている。

 アーセナルは次節、9月9日にボーンマスとホームで対戦する。

関連記事(外部サイト)