“最高のムーイ”vs“主将長谷部”が鍵…アジア2強の決戦、識者は日本の勝利を予想

“最高のムーイ”vs“主将長谷部”が鍵…アジア2強の決戦、識者は日本の勝利を予想

長谷部とムーイによる中盤の主導権争いが鍵になりそうだ [写真]=Getty Images

 アメリカメディア『ESPN』が31日に行われるワールドカップアジア最終予選・日本代表対オーストラリア代表の試合に注目している。

 同メディアは、「アジアのトップ2国による決戦」と呼んだこの一戦で日本代表FW岡崎慎司とオーストラリア代表MFアーロン・ムーイに注目。どちらもプレミアリーグで活躍する選手で、開幕から3試合ですでにゴールも決めている。

 岡崎は「ゴールエリア内で強さを発揮する」選手だと紹介。開幕戦から2試合連続でゴールを決めており良いフォームにあるとしたが、「先発出場は不透明」であり、その理由に最近の代表戦で起用されていないことを挙げた。

 対するムーイは「間違いなく先発で出場する」と予想。所属するハダースフィールドは昇格クラブながら、開幕から3試合で2勝1分け、失点は0と好調を維持している。その中盤に君臨するのが10番を背負うムーイであり、「ストライカーの後ろでスタートするが、ボックス・トゥ・ボックスの選手であり、ベストポジションが分からない選手」と紹介した。

 さらに第2節のニューカッスル戦で決勝ゴールを挙げたムーイの「ボール奪取能力とそこから攻撃に移る能力」が日本代表MF香川真司や同代表FW本田圭佑率いる日本相手に極めて重要だと評価。「オーストラリアのメンバーで最も優れた選手」であるムーイと日本代表の主将である長谷部誠のマッチアップが鍵を握ると分析した。

 最後にイギリス出身でシンガポール代表としてプレーしたジョン・ウィルキンソン氏は「技術的に優れる日本が僅差で勝利すると思う」と日本の勝利を予想している。

関連記事(外部サイト)