GKレイナ、PSGのオファーを拒否しナポリ残留へ…夫人がSNSで明かす

GKレイナ、PSGのオファーを拒否しナポリ残留へ…夫人がSNSで明かす

PSGからのオファーを受けているレイナ [写真]=Getty Images

 ナポリのスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナが、残留する見通しであることが判明した。イタリアメディア『トゥットメルカート.WEB』が28日に報じた。

 レイナは27日に行われたアタランタ戦終了後、涙を流して、観客席に最後の別れともとられる挨拶をしており、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍に迫っていると報じられていた。

 しかし、28日には、レイナのヨランダ・ルイス夫人がインスタグラムで「ルーカとチアゴの息子たちは新しいシーズンに向けて準備ができている」とコメント。移籍に対する疑いを沈静化しており、同メディアは、レイナがPSGからのオファーを拒否。ナポリに残留する運びとなったと報じている。

 また、イタリア紙『Sky』もレイナがナポリに残ると報道。契約が最終年となっており、契約更新も行われないものの、ナポリに残留することになると伝えている。

関連記事(外部サイト)