フィオレンティーナ、昨季降格のエンポリからフランス人DFを獲得

フィオレンティーナ、昨季降格のエンポリからフランス人DFを獲得

フィオレンティーナへの移籍で合意したローリーニ [写真]=Getty Images

 フィオレンティーナは28日、セリエBのエンポリからフランス人DFヴィンセント・ローリーニを獲得したとクラブ公式HPで正式発表した。

 契約は1年のレンタル移籍で買い取りの義務が付いたものとなっている。29日にメディカルチェックが行われる模様だ。

 28歳のローリーニは、右サイドバックを主戦場とする。2008年からイタリアのアマチュアリーグのフォッソンブローネで、キャリアをスタート。セリエB(イタリア2部リーグ)のカルピを経て、2012年からエンポリでプレーしていた。昨シーズンはセリエAで24試合に出場。これまでセリエAでは64試合の出場数を記録している。

関連記事(外部サイト)