フィジカルではなく頭で勝負…長友が語る豪州戦の鍵は「サイドでの攻防」

フィジカルではなく頭で勝負…長友が語る豪州戦の鍵は「サイドでの攻防」

長友が語る豪州戦の鍵はサイドでの攻防 [写真]=新井賢一

「ポイントはサイドでの勝負になるかな思っています」

 29日、日本代表は31日に行われるオーストラリア戦に向けて埼玉スタジアムでトレーニングを実施。日本が誇るサイドの職人DF長友佑都(インテル)は自身のポジションをキーポイントに挙げた。

 今のオーストラリアはただ放りこむだけのサッカーではない。「オーストラリアはフィジカル、高さ、と言われているけど、ボールをつないできてあんまり蹴ってこない。技術がしっかりしているし、加えてフィジカルもあって高さもあって。なかなか難しい相手」と分析した。

 難敵を崩す勝負のポイントはサイドにあるという長友。「中はフィジカルもあって堅いので。相手のフォーメーション的にもサイドで数的優位を作って攻めていければ、そこで勝負に勝てれば試合を優位に進められるんじゃないかなと思う」と指摘。3バックを敷く相手に対し、「その裏だったりカウンターの速い攻めというのはかなり利いてくるんじゃないかなと思う」とイメージを膨らませる。

「前から行くだけじゃなくて、わざと引いて相手をこさせてショートカウンターという。自分たちの経験も使いながら、頭を使いながらやらないとフィジカル勝負では勝てないのかなと」

 勝てばW杯出場が決まる大一番。「やっぱりホームなんで、勝たないといけない」と意気込みを語った長友だが、「前から行くという気持ちは常に持ってる。ただ、気持ちだけが先行して、前の選手は行ってるけど後ろの選手は行けてないとか。そういうギャップが試合を難しくする、混乱させる」とあくまでも冷静だ。「経験ある選手が声を出して。バタバタする時間もあると思うけど、声を出してしっかりとまとめていかないといけないと思う」とベテランならではの、プレー以外の部分にも注目だ。

関連記事(外部サイト)