アーセナルのチェンバレン、合意から一転…チェルシー行きを拒否?

アーセナルのチェンバレン、合意から一転…チェルシー行きを拒否?

アーセナル退団が噂されるチェンバレン [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属するイングランド代表MFアレックス・オックスレイド・チェンバレンは、チェルシーに行くことを望んでいないようだ。30日付のイギリスメディア『BBC』が伝えている。

 28日には、アーセナルとチェルシーが、4000万ポンド(約56億円)でチェンバレンの移籍にクラブ間合意したことが明らかになっていた。加入は秒読みと伝えられていたものの、選手本人がチェルシー行きを断ったようだ。

 チェンバレンが、アーセナルを退団したいと考えている理由の一つに、起用されているポジションが挙げられている。開幕から3試合連続でウィングバックとして出場していた同選手は、中盤の真ん中での起用を望んでいる。しかし、クラブ間合意していたチェルシーも同選手を主にウィングバックとして起用することを考慮していることが伝えられており、これを嫌がったという。

 そこで、チェンバレンは、同じく獲得に関心を寄せているリヴァプール行きを希望している模様。リヴァプールは、チェルシーが用意していた金額を下回る金額を提示すると思われているが、アーセナルはこれを容認せざる負えない状況になっている。

 現在24歳のチェンバレンはアーセナルとの現行契約が残り1年となっている。しかし、同クラブからの延長オファーを拒否。このまま残留となれば、来夏にはフリーでの退団となるため、アーセナルは今夏の売却を決断した。しかし、移籍市場が閉まるまでは残りわずかとなっており、交渉を有利には進められない立場になっているが、どのような決断を下すのだろうか。

関連記事(外部サイト)