フリースタイルフットボール世界大会でALEG-Reが3年連続で入賞

フリースタイルフットボール世界大会でALEG-Reが3年連続で入賞

表彰式を終えたYOSSHI&YU-J

 8月26日(土)、フリースタイルフットボールの権威ある世界大会「Super Ball 2017」がチェコのプラハで開催。日本人チームALEG-Re(アレッグ)のYOSSHI(ヨッシー)&YU-J(ユージ)がダブル・ルーティン部門で2位、YOSSHIがソロ・ルーテイン部門で3位に入賞した。

 ALEG-Re(アレッグ)は、「Super Ball 2015」でアジア人初の世界チャンピオンに輝き、翌年の「同2016」でも続けてソロ・ルーティン部門2位、ダブル・ルーティン部門3位に、そして今年と3年連続で栄冠を勝ち取った。

 また、バトル部門に出場した日本の次世代エアムーブ集団の異名をとるチームAir technician(エア テクニシャン)は、YO(ヨウ)がベスト8、Kazane(カザネ)がベスト16入り。アジア最高位の結果を残している。

 フリースタイルフットボールは、リフティングやドリブルなどのサッカーテクニックにダンス要素を採り入れ、独自に発展させたストリートスポーツ。世界大会「Super Ball 2017」は、世界中のフリースタイルフットボール選手が頂点を目指す、世界フリースタイルフットボール連盟から認可された権威ある大会で、今大会は55の国から選手がエントリーした。

 大会では、ALEG-Reが一昨年・昨年に続き、堂に入ったパフォーマンスを披露。惜しくもチャンピオン奪回を逃したYOSSHIだが、出場選手の間では“1位に匹敵する演技”という高い評価を得て自身も「100%ではなかったが、満足のいく演技が出来た」と振り返っている。