主将・長谷部「もっと大きいことをしたい」…精神的主柱が責任果たす

主将・長谷部「もっと大きいことをしたい」…精神的主柱が責任果たす

キャプテンとして試合を戦った長谷部 [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選が31日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦した。

 試合は41分、DF長友佑都の右足でのクロスに完璧に抜け出したFW浅野拓磨が左足でゴールした。このゴールが決勝点となり、日本は6大会連続のW杯出場を決めている。重要な一戦でキャプテンを務めた長谷部誠が試合後にコメントを残した。

「本当にスタジアムの雰囲気が素晴らしい。日本が一体になったからこそ勝利できた。ケガをしてプレーできない期間があり、チームに迷惑かけてしまったが、結果を残せてよかった。サポーターと一緒に獲得できたW杯出場だと思う。もっと大きいことを成し遂げたいと思っている」

 次戦、日本は現地時間5日の20時30分(日本時間 6日2時30分)から、敵地でサウジアラビア代表と対戦する。

関連記事(外部サイト)